カテゴリ:カフェ・おやつ( 2 )

そっと包みこむように「wanokashi89」さん

あけましておめでとうございます。
いよいよ「はつはる市」まであと2週間になりました。
新年のはじまりはこの方のご紹介からスタートです!

焼きりんご、かぼちゃ、きび砂糖とくるみ、黒糖とラム酒。。。これはどら焼き。
いちご、りんご、オレンジ、ココナッツパイン、珈琲、ほうじ茶、煎茶と甘夏ピール。。。これはようかん。
スパイス餡のもなか、いちじくの浮島、ライムの錦玉かん、クランベリーの寒氷、ちょうちょの練りきり!
どうですか?想像がふくらんで、わくわくして、「うわー、食べてみたい☆」と思った方は、
くいしんぼさん、合格です。

wanokashi89さんをはじめて知ったとき、お菓子の名前を読んだだけで、私も
くいしんぼセンサーが反応しました。どうしても食べてみたくて、ダッシュしてみたもみじ市
あっというまに売り切れで、でもあきらめきれず、89さんのブログを
ずっと読んでは想像をふくらませていました。

念願がかなったのは、9月に行われた蔵前のサルビアさんの月いちショップ。
こんなかわいらしいお菓子をいただきました。
b0249812_232012.jpgb0249812_23195073.jpg




















wanokahi89さんのお菓子は見た目にもとってもかわいくて、食べるのがもったいない!
でも、口に含むと、ほわーっと疲れがやわらいで、思わずにっこりしてしまうような味わいなのです。
「89(ハグ)」さんの名前の由来のhugのとおり、そっと包み込まれるように抱きしめられるようです。
それでいて、今までの和菓子の概念をだいじにしているところと、うまくくつがえしているところと、
両方を持ち合わせていらっしゃいます。日本茶だけではなくて、珈琲や紅茶にも合わせたくなるような
和のお菓子になっています。

そんなふうに思わずうふふ♪とうれしくなってしまう、おいしいお菓子をつくっていらっしゃるのは
伊東聡子さん。瞳がきらきらで、笑顔が似合うとってもとってもチャーミングな方です。
そして、人一倍丁寧に真摯にお菓子づくりに向き合っていらっしゃいます。

出展者さんにお声かけさせていただくときは、どなたに対しても「すきです」って告白するのと
同じくらいどきどきなのですが、89さんのお菓子は、もうどうしても「はつはる市」で
皆さんに召し上がっていただくて、さらにどきどき。
ご参加のお返事のメールを読んだときには、「やったーーーーー!!!」と
本気で叫んでしまったほどです。笑

b0249812_2320111.jpg

深川で新しい発見やお気に入りの風景に出合えることを楽しみにしてくださっている
聡子さん。まだまだ寒い年のはじめのイベントに、心がほんわりと温まるような和菓子を用意したい、と
おっしゃってくださっています。心まで包みこまれてしまう89さんの乙女な和菓子と、
聡子さんのとびきりの笑顔にぜひ会いにいらしてくださいね!

★本ブログ内の写真は、wanokashi89さんよりお借りしています。
写真の著作権はwanokashi89さんにございますので、
無断使用はかたくお断りします。

(記事:実行委員 中江 小夜)
[PR]

by monnaka-ichi | 2012-01-01 22:18 | カフェ・おやつ

喫茶「にちよう」さん

開催まであと3週間の「モダン館のはつはる市」!
当日、集まってくださる出展者の方をご紹介していきますね。

まず、トップバッターはなんといっても、喫茶「にちよう」さん。
会場となる深川モダン館さんで、不定期にオープンされているカフェです。
ふらりと立ち寄れて、小さなこども達もママもパパも、
地元の粋のいい大人達も、もちろん遊びにきた人達も、
ふぅーっとひととき、肩のチカラを抜けるような場所です。
お店の名前の通り、日曜日ののんびり感をゆっくり味わえます。

「にちよう」の店主、しらいのりこさんはとても多才な方!
おこめ料理愛好家で、フードコーディネーターで、
ごはん同盟というごはんをおいしく食べる企画をたくさんしているユニットの代表で、
しかも、webデザイナーかつディレクター。
そして、彼女の作るおやつやお料理は、たくさんの愛がつまったやさしい味なのです。
b0249812_0432989.jpg







下の写真はおいしい週末ライオン市での
ケークサクレ。
種類が多くて迷いました☆
b0249812_0462421.jpg
上の写真10月のおやつ、里芋のチーズケーキ。
ねっとりとした里芋とチーズとココア生地が
絶品でした!








のりこさんのすばらしいところは、原材料についてもきちんと開示してくださること。
アレルギーの心配なお子さんを持つママ達も、きっと安心していただけるのではないでしょうか?
というのも、のりこさんのご主人さまのご実家は農家さん。
お義父さま、お義母さまの育てたお米や野菜をおいしく食べてほしいという思いから、
料理の道に進まれているからです。

はつはる市、当日のおやつは何にしよう?と、あれこれ考えをめぐらせてくださっているようす。
ぜひ、のりこさんのやさしいおやつとあたたかい飲み物でほっと一息ついてくださいね。

(記事:実行委員 中江 小夜)
[PR]

by monnaka-ichi | 2011-12-25 01:14 | カフェ・おやつ